「時価総額が2400億ドルのユニコーン100個、エコシステムはさらに熟している」

レポートによると、プライベートエクイティの急増がスタートアップエコシステムの開発を可能にする大きな要因である場合、インターネット、スマートフォンアクセス、道路、電化の改善によって可能になる物理的アクセス、および金融浸透の急増も重要な役割を果たしています。

Credit Suisseのレポートによると、インドでの金融テクノロジー(fintech)企業の台頭とリスクキャピタルの利用可能性は、新興企業が毎年形成される新規企業の10%を占めるようになったため、エコシステムにとって好都合です。

インドのスタートアップエコシステムとセクター間のイノベーションにより、ユニコーンの数が100に急増し、市場資本は合計で2,400億ドルになりましたが、Credit Suisseのレポートによると、インドとベンチャーキャピタルが毎年設立される新規企業の10%を占めるようになったため、リスクキャピタルの利用可能性はエコシステムにとって好都合です。



レポートによると、プライベートエクイティの急増がスタートアップエコシステムの開発を可能にする大きな要因である場合、インターネット、スマートフォンアクセス、道路、電化の改善によって可能になる物理的アクセス、および金融浸透の急増も重要な役割を果たしています。

クレディ・スイスの第24回クレディ・スイスアジア投資会議で、エクイティ戦略の共同責任者であるニールカンス・ミシュラは、デジタル採用の形式化と加速がユニコーンに利益をもたらし、革新的な企業が新しいセクターに芽生えていると述べました。デジタルパブリックインフラストラクチャとパートナーシップを背景に規模が拡大しています。ミシュラ氏は、1億5000万人以上のユーザーベースを獲得したフィンテックプレーヤーは、ユーザーベースを収益化するために小額の個人ローンや短期クレジットの提供を開始しました。