1億5000万ドルの取引:「ByjuはTopprを購入する予定」

ムンバイを拠点とするTopprは、幼稚園から高校までの幼稚園から高校までの試験準備市場にサービスを提供しています。月間アクティブユーザー数は3500万人と言われています。

Byjuの最新の買収目標は、パンデミックによりオンライン学習が普及している時期に積極的に拡大していることを強調しています。

業界筋によると、Byju’sはライバルを買収するための交渉の進んだ段階にあり、この取引は約1億5000万ドルになる可能性があることを示しています。 Byjuの最新の買収目標は、パンデミックによりオンライン学習が普及している時期に積極的に拡大していることを強調しています。



Byju’sとTopprは、報道機関に行くまで、提案された取引に関するFEの質問に答えませんでした。

取引が成立すると、Byju’sはTopprの加入者ベースと関連するユーザーデータにアクセスできるようになります。デジタル空間では、それは主に規模の経済に関するものです。デロイトのパートナーであるアニンディア・マリック氏は、ビジネスモデルの多くは、保有するデータから得られる分析に依存すると述べています。 Byju’sはこのデータを使用して、より関連性の高い製品を発売し、既存の製品を調整して市場により良く対応することができます。マリック氏によると、データにアクセスできる組織は、市場が将来どこに向かうのかを予測し、その周りに製品やサービスがあり、明らかに勝者となるだろうという。



ムンバイを拠点とするTopprは、幼稚園から高校までの幼稚園から高校までの試験準備市場にサービスを提供しています。月間アクティブユーザー数は3500万人と言われています。

今のトップニュース 詳細はこちら



Byju’sはまた、実店舗での試験準備会社であるAakash EducationalServicesを10億ドル規模で買収する契約を結んでいると報じられています。昨年、バンガロールを拠点とする会社は、3億ドルの取引でWhiteHatJrを買収しました。

昨年、投資家はByjuが110億ドル以上で会社を評価することに10億ドル以上を注入しました。全体として、同社は20億ドル近くを調達しました。 fe