1月1日からMDになる33人のインド人:ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックスは、新しいMDの17%がエンジニアリング組織の一部であり、クラスの47%が複数の部門で働いていたと述べました。

ゴールドマンサックス、ゴールドマンサックスのインド人、ゴールドマンサックスのマネージングディレクター、ビジネスニュース、最新ニュースゴールドマンサックスは、新しいMDの17%がエンジニアリング組織の一部であり、クラスの47%が複数の部門で働いていたと述べました。ロイターファイル写真

ゴールドマンサックスは木曜日に、インド国籍の33人を含む509人が2018年1月1日からマネージングディレクターに昇進すると発表しました。グローバル投資会社は、これらにはインド自体の13人が含まれると述べました。マネージングディレクターに昇進した509人のうち33人はインド国籍であるとゴールドマンサックスは述べた。



インドでMDに昇進したのは、テクノロジー部門のKarthikAnbalaganです。 Lavanya Ashok、マーチャントバンキング部門; Vineet Birman、証券部門; Rohini Eapen、運用部門;内部監査部門のRetoFreiとリスク部門のAnkitJain。

リストの他の人は、証券部門のGauravJaitlyです。 Nitin Kulkarni、運用部門; Ram Kulkarni、テクノロジー部門; Devarajan Nambakam、投資銀行部門; Shunil Ohrie、証券部門; Sathiya Padmanaban、財務部門、Mahesh Sharma、技術部門。



ゴールドマンサックスは、新しいMDの17%がエンジニアリング組織の一部であり、クラスの47%が複数の部門で働いていたと述べました。



会長兼最高経営責任者であるロイド・ブランクファインは、新しいマネージングディレクターは、会社での在職期間中、従業員、クライアント、文化に対して卓越した取り組みを示してきました。ゴールドマンサックスの役員。

同社はさらに、新しいMDクラスの66%がアナリストまたはアソシエイトとして会社で始まり、21%がインターンであったと述べました。

同社の声明によると、新しいマネージングディレクターは、47か国で市民権を持っており、新しいMDの44%は、1980年以降に生まれたミレニアル世代であり、2015年の前回のクラスから30%増加しています。