「5G機器はほんの数社のサプライヤーから提供されています…これは懸念を引き起こしました」

USFCCのチーフAjitPaiとRJioの社長MathewOommenがUSIBCのウェビナーで講演していました。

中国製品ボイコット、5G機器、5Gサービス、インド中国国境列、中国5G機器、中国5Gベンダー、インドエクスプレス国内の3大通信事業者のうち、中国の機器を使用しているのはBhartiAirtelとVodafoneIdeaのみであり、MukeshAmbani主導のJioは韓国のSamsung製の機器を使用しています。 (ファイル写真)

マイク・ポンペオ米国務長官が中国のベンダーを拒否したことでリライアンス・ジオ・インフォコム(RJio)のような通信会社を称賛した4日後、米国連邦通信委員会(FCC)のアジト・パイ会長とRJioのマシュー・ウーメン社長は月曜日に、それぞれの国に5Gテクノロジーを導入する場合、デジタルパンデミックをもたらす可能性のあるベンダーに注意する必要があります。



5Gネットワ​​ークの中心となる機器は、現在、ほんの数社のグローバルサプライヤーから提供されており、もちろん現在最大のものは中国企業のHuaweiです。パイ氏は、米国インドビジネスカウンシル(USIBC)のウェビナー組織で、中国の法律がその管轄下にあるすべての企業に国の諜報機関からの要求に従うことを義務付けていることを考えると、これは懸念を引き起こしました。

米国はすでにHuaweiを禁止しており、中国の諜報機関にデータ共有の要請を受けたと思われる他の中国国営企業に原因を明らかにする通知を発行するとパイ氏は述べた。



6月25日の初めに、ポンペオは、Huaweiのような企業から、現在世界中の主要な通信事業者によって使用されているクリーンな電話会社に向かって流れが変わっているとツイートしました。



流れは信頼できる5Gベンダーに向かっており、Huaweiから離れています。世界をリードする通信会社(Telefonica、Orange、Jio、Telstraなど)は、CleanTelcosになりつつあります。ポンペオ氏はツイッターで、HuaweiのようなCCP監視国家のツールを使ってビジネスを行うことを拒否していると述べた。

5Gネットワ​​ークでHuaweiの機器を使用していないことでRJioを称賛した2番目の米国当局者であるPaiは、国や企業は危険な選択をして最善を期待する余裕はないと述べました。月曜日に、OommenもPaiの見解を支持し、5Gネットワ​​ークへの安全なデジタルトランスフォーメーションの必要性があると述べました。

ウェビナーで彼は、デジタルインフラストラクチャを汚染しないようにする方法と、どの国のデジタルインフラストラクチャやファブリックにも感染しないデジタルパンデミックを確実にする方法について述べました。



今月初めにインドと中国の兵士が衝突した後、電気通信局(DoT)は、国営の電話会社Bharat Sanchar NigamLimitedとMahanagarTelephone Nigam Limitedが、中国の電気通信を除外するために4G拡張入札をやり直すように依頼されたと述べました。機器ベンダー。

DoTはまた、民間の電話会社が5Gネットワ​​ークの作成と既存の4Gネットワ​​ークの拡張のために中国の通信ベンダーが提供する機器の使用を控えるよう求められる可能性があることも示唆していました。

国内の3大通信事業者のうち、中国の機器を使用しているのはBhartiAirtelとVodafoneIdeaのみであり、MukeshAmbani主導のJioは韓国のSamsung製の機器を使用しています。



インドを除いて、Huaweiは米国を含む他の国々で詮索の疑いで監視されています。米国はまた、インドなどの友好的な貿易関係にある国々に、中国のベンダーからの通信機器の購入をやめるよう圧力をかけていました。