「65%の低中所得国が教育予算を削減」

Covid-19パンデミックが教育予算に与える短期的な影響を理解するために、すべての地域の29か国のサンプルについて情報が収集されました。このサンプルは、世界の学校と大学の高齢者人口の約54パーセントを表しています。

世界銀行の報告によると、Covid-19パンデミックの発生後、教育予算は低中所得国の65%削減され、高中所得国の33%が削減されました。ユネスコのグローバル教育モニタリングレポートと共同で編集され、低中所得国における政府支出の現在のレベルは、持続可能な開発目標を達成するために必要なレベルを下回っていると述べました。



Covid-19パンデミックが教育予算に与える短期的な影響を理解するために、すべての地域の29か国のサンプルについて情報が収集されました。このサンプルは、世界の学校と大学の高齢者人口の約54パーセントを表しています。

Covid-19危機に対応するには、伝染を制御するために必要な措置を順守するために学校を適応させ、学校が閉鎖されている間に経験した学習学生の損失を補うためのプログラムに資金を提供するための追加支出が必要です。



今のトップニュース 詳細はこちら

サンプルには、3つの低所得国(アフガニスタン、エチオピア、ウガンダ)が含まれています。 14の低中所得国(バングラデシュ、エジプト、インド、ケニア、キルギス共和国、モロッコ、ミャンマー、ネパール、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、タンザニア、ウクライナ、ウズベキスタン);高中所得国10か国(アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、ヨルダン、インドネシア、カザフスタン、メキシコ、ペルー、ロシア、トルコ)。そして2つの高所得国(チリ、パナマ)。