ABDがマンションハウスブランデーの50%の所有権を取得

Allied Blenders&Distillersは、Mansion Houseブランデーの50%の所有権を取得しました。

Allied Blenders&Distillersは、Mansion Houseブランデーの50%の所有権を取得しました。 (ロイター)Allied Blenders&Distillersは、Mansion Houseブランデーの50%の所有権を取得しました。 (ロイター)

国内最大の酒類メーカーであるAlliedBlenders&Distillers(ABD)は本日、オランダの酒類大手HermanJansenのMansionHouseブランデーとSavoyClubウイスキーとジンの50%の所有権を取得し、生産とマーケティングを完全に管理しました。
ただし、ABDとHerman Jansenはどちらも非公開企業であるため、機密保持を理由に取引額を開示していません。
ABDは、Herman Jansen BeveragesからMansionHouseブランデーとSavoyClubウイスキーの50%の所有権を購入しました。また、東南アジアだけでなく、ここでも100%の生産およびマーケティングの権利を有しており、ABDの副会長兼最高経営責任者であるDeepak Royは、オランダのパートナーの前で取引を発表したと述べました。
ABDとTilaknagarIndustriesの間で、ここで2番目に大きいブランドブランドであるMansion Houseの販売権をめぐって法廷闘争が行われていることに注意してください。どちらも、オランダのブランドの販売権を主張しています。国内市場。
これについて尋ねられたとき、ロイは言った、問題は服従ですが、我々は取引が完了すると確信しています。同時に、裁判所がティラクナガルに有利な暫定的差止命令を下したことも付け加えておきます。しかし、今日、私たちは、訴訟に勝つことに自信を持っているので、ブランドの正当な所有者であるハーマン・ヤンセンと一緒に訴訟に自分自身を説得しました。
彼はまた、ブランドの所有権をめぐる争いは、会社にとっても業界にとっても新しいものではなく、彼の主力ブランドであるオフィサーズチョイスも争われているブランドであると指摘しました。
購入のための資金について尋ねられたとき、ロイはそれが内部の見越によって管理されるであろうと言いました。しかし、彼は、Tilaknagarとの取引が成立した場合、IPOまたはプライベートエクイティパートナーから資金を調達する必要があるとすぐに付け加えました。すでに同社は、カーライルとTPGの2人のPEプレーヤーからの2つのタームシートを持っていると彼は言った。
昨年5月、ロイはPTIに、カーライルとTPGから2つのタームシートがあり、一部の株式と負債で2億から2億7500万米ドルを調達することを検討しており、10から12パーセントを売却する準備ができていると語った。しかし今日、彼は言った、これはティラクナガルとの取引が起こった場合にのみ起こるだろう。
ロイはまた、Tilaknagarをリーズナブルな価格で完全に買収したいという彼の願望を表明しました。 ABDはかなり前からTilaknagarの買収を目指していましたが、評価を超えて買収することはできませんでした。
ABDは、今日、国内で3番目に大きく、最も急成長しているスピリッツ会社であり、その主力ブランドであるオフィサーズチョイスは、昨年、世界で最も売れているマスウイスキーブランドになりました。
契約について、ハーマン・ヤンセンのディレクター、ヘンリクス・ジャンセンは、ABDはこの国で非常に強力なプレーヤーであり、マンションハウスのブランドを強化するために必要なインフラストラクチャを提供する強力な生産および流通ネットワークを備えています。この取引は18ヶ月の交渉の結果であると彼は付け加えた。
契約の背後にある論理的根拠を説明し、ロイは、ブランデーは今日国内で最も急速に成長しているスピリッツのカテゴリーであり、過去5年間で27%以上の複合成長率でクリッピングしていると述べました。今日のブランデーは、市場シェアがほとんど無視できることから、今日のスピリッツ市場全体の24%を支配しています。これに対して、ブランデー市場でのシェアはごくわずかなので、この事業に参入したいと考えています。
ABDには2つのブランデーがあります。ケララ州とアンダラ州で販売されているプレミアムKyronと、セミプレミアムのLord&Masterで、これらの市場にのみ存在します。
マンションハウスの50%の所有権で、ブランデーセグメント、特に国のブランデーの総売上高の98%を占める南部の4つの州で、市場シェアを統合し、さらに強化したいとロイ氏は述べています。
しかし、ABDがウイスキーからブランデーに焦点を合わせているかどうかを尋ねられたとき、ロイは否定的な回答で、最良のシナリオでは、マンションハウスと彼の他のブランデーブランドが売上の約25%を占めると答えました。
ABDの副会長であるUpalGanguly氏は、同社にとってのMansion House契約の戦略的重要性について、この戦略的パートナーシップは、プレミアムブランデーセグメントにおけるポートフォリオとプレゼンスを強化するための重要なステップであると述べました。当社の既存の強力な流通ネットワークとマンションハウスのような有名なブランドは、このパートナーシップに大きな成果をもたらします。
過去7年間で、単一ブランドの会社から、世界で最も売れているウイスキーブランドを含む多くのブランドを持つ会社まで、ABDは今日長い道のりを歩んできました。そのブランドには、有名なオフィサーズチョイスウイスキー、クラス21グレインウォッカ、ウォッカゴルバッショウ、ジョリーロジャーラム、ロード&マスターブランデー、カイロンブランデー、オフィサーズチョイスブラック、オフィサーズチョイスブルーが含まれます。
ABDは最大の自家栽培の酒類会社であり、過去5年間で20%の複合成長率を誇る最も急成長している会社でもあります。昨年度の売上高は2,750億ルピーで、業界の2%の成長に対して24%の成長を遂げ、2500万ケースの売上高を達成しました。 22の州と15の営業所にまたがる44の製造/瓶詰めユニットがあります。
一方、ABDとHerman Jansen、Amit Dahanukar、CMD、Tilaknagar Industriesは、司法手続きの係属中の商標(MansionHouseとSavoyClub)の譲渡は違法であると述べました。
譲渡人(Herman Jansen)も譲受人(ABD)も、MansionHouseおよびSavoyClubの商標を使用する権利はありません。そのような使用は、BombayHighによって支持されているMansionHouseおよびSavoyClubの商標におけるTIの権利の侵害に相当します。裁判所。今後の行動方針については、弁護士の指導のもと、TIの利益を守るために必要なことは何でも行います。