粉飾詐欺:リコーは2つを袋に入れ、CEOの辞任を受け入れる

今年7月、リコーインドは、2016年3月に終了した会計年度に1,123億ルピーの損失を被ったと推定されたため、アカウントが「改ざん」されたように見えることを認めました。

日本の画像・電子機器大手のインド子会社であるリコー・インディアは日曜日、CFOのアルビンド・シンガルと上級副社長兼COOのアニル・サイニの雇用を、同社に重大な損失をもたらしたとして終了したと語った。リコーインドは、MD兼CEOのマノジクマールの辞任も受け入れました。会社が行った調査の結果、上記の会社の役人が事務所に割り当てられた法定義務に違反していることが明らかになりました…そのような従業員の作為および不作為は会社、リコーに重大な損失をもたらしましたインドはBSEファイリングで述べた。



他の人がニュースを作っているのを見る

さらに、同社の取締役会は、同社のArvindSinghalとAnilSainiの雇用を直ちに終了することを決定しました。取締役会は、マノジ・クマールの辞任を会社のCEOとして受け入れました。



今年7月、リコーインドは、2016年3月期に1,123億ルピーの損失を被ったと推定され、会計詐欺の可能性を示して、口座が改ざんされたようだと認めました。



リコー・インディアは、監査会社プライスウォーターハウスクーパースの予備調査結果を受けて調査を依頼しました。リコー・インディアの2015年4月1日から9月30日までの財務諸表は、会社の状況に関する真実かつ公正な見解を反映していないことが判明しました。

調査によると、アカウントが改ざんされており、会社の会計原則と基準に違反しているようです、とリコーインドは規制当局への提出で述べました。

4月、同社のインドのMD兼CEOであるManoj Kumarは、委員会による会社の監査の最中に休暇を取るように求められた後、取締役会を辞任しました。



3つすべてが6月8日に会社によって停止されました。会社は2016年3月に終了した会計年度の税引き後の総損失を1,123ルピーと見積もっています。

リコーは、2015-16年に会社が被った損失の最終的な実際の金額を確認し、会社の監査役による監査と確認の対象となると付け加えた。