事前の法人税のモップアップが49%跳ね上がり、個人のI-Tが下がる

法人税の前払金の増加は、主に、2019年9月に発表された法人税率の引き下げに続く昨年12月の企業による前払税の引き下げによる基本効果の低さによるものです。

個人および法人の納税者は、4回に分けて前払税を支払う必要があります。

税務当局によると、前払法人税の徴収額は49%増加し、前払個人所得税は12月15日に支払われる前払税の3回目の分割払いで5.6%減少しました。法人税の前払金の増加は、主に、2019年9月に発表された法人税率の引き下げに続く昨年12月の企業による前払税の引き下げによる基本効果の低さによるものです。



個人および法人の納税者は、4回に分けて前払税を支払う必要があります。 6月15日までに、納税義務の15%、9月15日までに45%、12月15日と3月15日までの次の2回の分割払いでそれぞれ30%と25%を支払う必要があります。

一部の企業からの前払いからのピックアップがあったものの、改善は主に低ベースによるものであり、情報技術対応サービスは順調に進んでいると当局者は述べた。



累積的に、これまでの法人税徴収額は、昨年から4.9%減の2.39億ルピーで記録されましたが、個人所得税徴収額は、その後の経済活動の低迷の影響を反映して、60,491億ルピーで10.4%減少しました。 Covid-19パンデミックの。



10月から12月の間に、総税収はRs 7.3ラククローレで、12%減少しましたが、純直接税徴収は、前年比13%減​​少してRs5.8ラククローレでした。第3四半期の払い戻しは、1.5ルピーで8%以上減少しました。

政府は昨年9月に法人税率の引き下げを発表し、既存企業の法人税は30%から22%に、10月1日以降に設立された新しい製造会社の25%から15%に引き下げられました。 、2019、および2023年3月31日より前に運用を開始します。

今のトップニュース 詳細はこちら

4月から10月に発表された最新の政府データによると、総税収は8.75ルピーで、昨年の同時期から16.7パーセント減少しました。



2020-21年、政府は法人税から6.81億ルピー、所得税と証券取引税から6.38億ルピーの目標を設定しました。 2020-21年の直接税徴収総額の伸び率は12.7%に固定されていましたが、その後、2019-20年の実際の徴収額から28%近くまで上昇しました。