フォードインドは、7.69ルピーから始まるフリースタイルのトップエンドバリアントを発売します

新しい導入、フリースタイルフレアは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方のオプションで利用できます。

同社は声明のなかで、ガソリンのバリエーションは、ピーク出力が96 PSの1.2リッターエンジンを搭載し、価格は7.69万ルピーであると述べた。 (画像ソース:フォードインド)

フォードインドは水曜日に、そのコンパクトなユーティリティビークルフォードフリースタイルのトップエンドの変種を、お祭りシーズンに先立って、7.69ルピーと8.79ルピー(ショールーム前)の導入価格で発売しました。



新しい導入、フリースタイルフレアは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方のオプションで利用できます。

同社は声明のなかで、ガソリンのバリエーションは、ピーク出力が96 PSの1.2リッターエンジンを搭載し、価格は7.69万ルピーであると述べた。



ディーゼルバリアントは、100 PSのピークパワーを備えた1.5リッターエンジンを搭載しており、8.79ルピーのタグが付けられています。両方のエンジンは5速マニュアルトランスミッションに結合されると付け加えた。



Freestyle Flairは、衛星ナビゲーションが組み込まれた7インチのタッチスクリーンベースのインフォテインメントシステム、自動ヘッドランプ、自動ワイパー、リバースパーキングカメラ、リモートセントラルロック、自動エアコンなどの機能を備えています。

また、FordのグローバルモビリティソリューションであるFordPassも備えています。これは、さまざまな所有権のニーズを満たすワンストップのスマートフォンアプリであり、追加費用はかかりません。

工場で取り付けられたクラウド接続デバイスにより、所有者は車両の状態をチェックしたり、残りの燃料レベルや空になるまでの距離をリアルタイムで把握したりするなど、いくつかの車両操作を実行できます。



新しい車両には、6つのエアバッグと、横滑り防止装置(ARP)などの他の安全機能も搭載されています。これは、横滑り防止装置と連動し、関連するホイールにブレーキをかけてエンジントルクを下げ、潜在的な横転状況を防止する技術です。会社は言った。