エクイティへのFPIフローはプラスに転じます。 5月の19.8Kルピーの債務流出

債券市場では、これまでのところ5月に19,892ルピーのFPI流出が見られ、1月から5月の期間に債務からのFPI流出の合計は1,02,371ルピーになりました。

外国為替準備金、インドfpi、fpi投資、外国ポートフォリオ投資家、インド経済5月の9,089億ルピーの流入は、コロナウイルスによる世界的な景気後退を恐れて、4月に6,883億ルピー、3月に61,973億ルピーの純撤退に続いて発生します。 (ファイル写真)

3月と4月に68,000ルピー以上を引き出した後、FPIは、不安定な株式の動きとヒンドゥスタンユニリーバーが関与するメガブロック取引の中で、これまでのところ5月に9,000ルピー以上をインドの株式市場に注入しました。しかし、債券市場では、これまでのところ5月に19,892ルピーのFPI流出が見られ、1月から5月の期間に債務からのFPI流出の合計は1,02,371ルピーになりました。



5月の9,089億ルピーの流入は、コロナウイルスによる世界的な景気後退を恐れて、4月に6,883億ルピー、3月に61,973億ルピーの純撤退に続いて発生します。それ以前は、外国のポートフォリオ投資家(FPI)は、2月に1,820億ルピー、1月に12,123億ルピーを投資していました。

外国人投資家は、今年1月以来、エクイティとデットの合計で1,32,410ルピーを引き出しています。 1月から5月の期間に株式市場から45,825ルピーを引き出したFPIは、インドがCOVID-19の症例をどのように抑制し、封鎖の抑制を緩和し、成長をどれだけ迅速に復活させるかを注意深く見守っています。



クレディ・スイスは、すでに高い期待が寄せられていることから、株式市場は投資家心理の悪化を経験する可能性があり、外国のポートフォリオ投資家や国内投資家からのフローは、所得水準と企業利益の低下が見込まれるため、短期的には弱まる可能性が高いと述べた。レポート。



農業、通信、情報技術、特定の消費者および公益事業株に関連するセクターを3〜6か月の観点から優先して、インドの株式に対する防御姿勢を維持し続けていると述べた。

クレディ・スイスによると、短期的な財務見通しは依然として弱いものの、質の高い財務のさらなる急激な修正やパニック売りは、2〜3年の観点から良い買いの機会を提供する可能性があるとのことです。成長環境が縮小していることを考えると、FPIフローがインドに来る可能性は低いと付け加えた。

CARE Ratingsのレポートによると、FPIの流出は、ルピーとドルの為替レートにある程度影響を及ぼしています。フェーズごとの分析では、FPIの場合の流出は、封鎖の発表前は発表後と比べて深刻であったことが示されています。経済活動再開のための封鎖の第2段階における金融刺激策、財政救済措置、条件付き緩和は、全国的な封鎖の第1段階と第2段階における外国人投資家の否定的な感情をある程度緩和したと述べた。