金の輸入は4月から2月に3.3%減少

インドは金の最大の輸入国であり、主に宝飾品業界の需要に応えています。

2019-20年4月から2月の黄色い金属の輸入は270億ドルでした。

商務省のデータによると、国の経常収支赤字(CAD)に関係する金の輸入は、2020年4月から2月にかけて3.3%減少して261億1000万ドルになりました。



2019-20年4月から2月の黄色い金属の輸入は270億ドルでした。

金の輸入の減少は、1年前の1513.7億ドルに対して、現在の会計年度の11か月間の国の貿易赤字を846.2億ドルに縮小するのに役立っています。



インドは金の最大の輸入国であり、主に宝飾品業界の需要に応えています。



量的には、国は年間800-900トンの金を輸入しています。

輸出部門を促進するために、政府はこの予算の金属に対する輸入税を7.5%に引き下げました。しかし、それはまた、2.5パーセントの割合で農業インフラと開発の成功を引き付けます。

今のトップニュース 詳細はこちら

宝石と宝飾品の輸出は、2020年4月から2月にかけて33.86パーセント減少して224.0億ドルになりました。



データによると、金の輸入は、昨年の同じ月の23.6億ドルと比較して、2月には53億ドルに急増しました。

11か月間の銀の輸入は70.3%減少して7億8,075万ドルになりました。