ホンダはグレーターノイダ工場を閉鎖したため、CR-V、シビックを廃止

自動車メーカーは、1997年に発表された工場での生産停止の決定は、事業効率を改善するための製造業務の再編成の一環として行われたと述べた。

ホンダグレーターノイダプラント従業員は、ホンダカーズインディア社の生産ラインでホンダモーター社のモビリオ車の最終目視検査を実施します。

ホンダカーズインディア(HCIL)は水曜日、ウッタルプラデーシュ州のグレーターノイダ施設での製造事業の閉鎖を正式に発表したため、国内でのCR-Vモデルとシビックモデルを廃止すると発表した。これらのモデルは両方とも工場で製造されていました。



自動車メーカーは、1997年に発表された工場での生産停止の決定は、事業効率を改善するための製造業務の再編成の一環として行われたと述べた。

HCILは声明のなかで、生産とサプライチェーンの効率を活用して事業の持続可能性を維持するために、ラジャスタン州のタプカラ工場で車両とコンポーネントの製造事業を統合し、すべての国内販売と輸出に即座に影響を与えることを決定しました。



今のトップニュース 詳細はこちら

ただし、本社機能、インドのR&Dセンター、自動車、二輪車、電力製品事業のスペアパーツ事業(倉庫を含む)はすべて、グレーターノイダの拠点から引き続き事業を行うと付け加えた。