インドは大きく跳ね返ったが、森からは跳ね返らなかった。実質GDP成長率は7.5〜12.5%:世界銀行

疫学的および政策の進展の両方に関連する重大な不確実性を考えると、22年度の実質GDP成長率は、進行中の予防接種キャンペーンの進行方法、移動性に対する新たな制限が必要かどうか、および世界銀行は、世界経済は回復していると述べた。

インド経済、インドgdp、インドロックダウン、インドコロナウイルス事件、インド経済成長、インド経済imfCOVID-19ショックはインドの財政軌道に長期的な屈曲をもたらすことに留意し、報告書は、一般政府の赤字は22年度までGDPの10%を超えると予想されると述べた。 (代表画像)

世界銀行によると、インドの経済は過去1年間、COVID-19のパンデミックと全国的な封鎖から驚くほど回復しましたが、世界銀行によると、国の実質GDP成長率はまだ予測されていません。会計年度21/22の場合、7.5〜12.5パーセントの範囲になる可能性があります。



ワシントンを拠点とする世界的な貸し手は、世界銀行と国際通貨基金(IMF)の年次春季会合に先立って発表された最新の南アジア経済フォーカスレポートで、COVID-19パンデミックが発生したときに経済はすでに減速していると述べました。

2017年度に8.3%に達した後、20年度には成長率が4.0%に減速したという。



今のトップニュース 詳細はこちら

減速は、個人消費の伸びの鈍化と金融セクターへのショック(大規模な非銀行金融機関の崩壊)によって引き起こされ、投資の既存の弱点を悪化させたと述べた。



疫学的および政策の進展の両方に関連する重大な不確実性を考えると、22年度の実質GDP成長率は、進行中の予防接種キャンペーンの進行方法、移動性に対する新たな制限が必要かどうか、および世界銀行は、世界経済は回復していると述べた。

1年前と比べてインドがどれだけ遠くまで来たかは驚くべきことです。 1年前のことを考えると、不況が前例のないほど深刻な30〜40%の活動の低下であり、ワクチンについての明確さはなく、病気についての大きな不確実性があります。そして今それを比較すると、インドは跳ね返り、多くの活動を開始し、予防接種を開始し、予防接種の生産をリードしている、と南アジア地域の世界銀行チーフエコノミスト、ハンス・ティマーはインタビューでPTIに語った。

しかし、現在経験しているフレアアップのパンデミック側の両方で、状況は依然として信じられないほど困難です。当局者によると、インドのすべての人に予防接種をすることは非常に大きな課題です。



ほとんどの人が挑戦を過小評価していると彼は言った。

経済面では、リバウンドがあっても数は不確実であるとティマー氏は語ったが、基本的にはインドでは2年以上成長がなく、2年以上は一人当たりの減少があった可能性があることを意味する。所得。

それはインドが慣れているものとのそのような違いです。そしてそれは、パンデミックがなかった場合と同じように、回復していない、またはうまくいかなかった経済の多くの部分がまだあることを意味します。金融市場には大きな懸念があると彼は述べた。



国内および主要な輸出市場で経済活動が正常化するにつれ、経常収支は軽度の赤字に戻ると予想され(22年度および23年度には約1%)、継続的な金融緩和政策と豊富な国際流動性条件により資本流入が予測されます。言った。

COVID-19ショックはインドの財政軌道に長期的な屈曲をもたらすことに留意し、報告書は、一般政府の赤字は22年度までGDPの10%を超えると予想されると述べた。その結果、公的債務は21年度にGDPのほぼ90%でピークに達し、その後徐々に減少すると予測されています。



成長が再開し、労働市場の見通しが改善するにつれて、貧困削減はパンデミック前の軌道に戻ると予想されます。



世界銀行によると、貧困率(1.90米ドルライン)は22年度にパンデミック前のレベルに戻り、6〜9%以内に収まり、24年度までにさらに4〜7%に低下すると予測されています。