インフォシスが9,200crの買い戻しを発表、第4四半期の純増は17.4%

純利益は、21年度の12月四半期に計上された5,197ルピーから2.32パーセント減少しました。当四半期の収益は、20年度第4四半期の23,267ルピーから13.1%増の26,311ルピーに上昇しました。

infosys、infosysニュース、infosysシェアインフォシスのロゴは、バンガロールにある本社の内部に描かれています(画像:ロイター)

インフォシスは水曜日に、2020-21会計年度の3月四半期の純利益が前年同期比17.47%増の5,076ルピーであったのに対し、前会計年度の同時期には4,321ルピーでした。取締役会はまた、火曜日のBSEでの1株あたりの終値である1,398.60ルピーを25%上回るプレミアムである、1株あたり1,750ルピーの価格で最大9,200ルピー相当の自社株買い戻しプログラムを承認しました。



純利益は、21年度の12月四半期に計上された5,197ルピーから2.32パーセント減少しました。当四半期の収益は、20年度第4四半期の23,267ルピーから13.1%増の26,311ルピーに上昇しました。

取締役会はまた、1株あたり15ルピーの最終配当を推奨しました。すでに支払われた1株当たり12ルピーの中間配当と合わせて、21年度の1株当たり配当金の合計は27ルピーになり、20年度から54%増加します。これにより、同社は11,500ルピーの配当金を発表しました。 21年度。



インフォシスによると、年間の営業利益率は3.2%拡大し、フリーキャッシュフローは44.4%増加したという。



水曜日に、取締役会は、6,400ルピーの最終配当と9,200ルピーの株式の公開市場買戻しを含む15,600ルピーの資本還元を推奨しました。 21年度には、10万ルピーの収益というマイルストーンを超えました。クライアントとの関連性に重点を置き、Infosys CobaltTMのような差別化された機能でデジタルポートフォリオを拡大し、従業員に力を与えることで、グローバルクライアントにとって好ましい「選択のパートナー」として浮上することができました。

クライアントのデジタルジャーニーを加速するための集中的な戦略とともに、FY21を終了する強力な勢いは、FY22の強化に対する自信を与えてくれると彼は語った。月曜日に、TCSは、2021年3月に終了した第4四半期の純利益が前年同期の8,049ルピーと比較して14.9%増加したと報告しました。



InfosysのCOOであるPravinRao氏は、従業員はこの健康危機を乗り越えて自宅で仕事を続けていますが、資格のある従業員の予防接種の展開を促進するなど、引き続き健康に重点を置いています。主に強い需要環境を反映して、減少は回復していますが、シームレスな実行を確実にするための従業員エンゲージメントイニシアチブ、膨大な人材プール、およびトレーニング機能に自信を持っています。