ウィングチップドレスシューズの男性用ガイド|フルブローグシューズがワードローブにどのようにフィットするか| Wingtips Full-Brogueの着用

ウィングチップシューズ翼端。



フルブローグ。

同じですか?



それとクォーターブローグ、ロングウィングブローグ、セミブローグの違いは何ですか?



いつウィングチップを着用できますか?

これらすべての質問に答えることがこの記事の目的です!

翼端の靴はすぐに認識できます…



しかし、その機能とその形態の詳細は、長年にわたって変化しています。

それは農民の起源から21世紀の更新と世界のトップの靴屋のいくつかからの解釈に進化しました。

ここをクリックしてビデオを見る– Wingtipドレスシューズへの男のガイド



ここをクリックしてビデオを見る– Wingtipブローグを正しく着用する方法

この投稿は、 エースマーク。私は個人的に7組の彼らを所有しています 高品質のドレスシューズのペアを含む 美しく作られたwingtipドレスシューズ。



ここをクリックしてAceMarksを発見してください

RMRS靴の電子ブック

ウィングチップとは?



大まかに言えば、ウィングチップとは、つま先が伸ばされて靴の側面の周りに届く低い「翼」を持つすべての靴のことです。

ただし、それよりもはるかに具体的にすると、例外が発生し始めます。

最も 翼端–すべてではありません–はブローグ加工されています。つまり、つま先の端に沿って装飾用のミシン目があり、他の場所にもよくあります。

たくさんの すべてではありませんが、ウィングチップはウィングを完全に伸ばして靴の後ろで出会うようにし、アッパーがソールと出会う場所で靴を囲む低い革のバンドを作成します。

そして、すべてではありませんが、一部の翼端は、靴の本体が1つの色で、つま先と翼が別の色である「ツートーン」配色を選択します。

そのため、多くの種類がありますが、それらはすべて1つの明確な特徴を共有しています。それは、足の側面の周りに達する翼を備えた拡張されたつま先です。

ウィングチップスタイルはどこから来たのですか?

翼端はブローグファミリーの一部です。伝統主義者やあなたよりも賢く聞こえたい人は、彼らを「完全なブローグ」と呼ぶことを主張します。

翼端のキャップが付いているがブローグシューズがない靴は何世紀にもわたって存在しているので、それは完全に正確ではありませんが、歴史への丁寧なうなずきとしてそれを取ります:主流の英国スタイルに入り、そこからアメリカスタイルにも戻ってきた「翼端」 20世紀初頭には、ブローグと呼ばれるアイルランドとスコットランドのウォーキングシューズの子孫でした。

ブローグは厚い革でできた重い靴で、穴が開けられていて、水が入り、湿った国を横切ったときに水が逆流していました。

それは現代の耳には不快に聞こえるかもしれませんが、防水コーティングと機械縫い目のない世界では、歩くことは必然的に濡れた足を意味し、ブローグは少なくとも速く乾燥することを可能にしました。

ファッショナブルな靴職人はやがてそのスタイルを手に入れ、表面に装飾的な穴を開けた靴のファミリー全体が進化しました(ただし、革全体ではありません)。

翼端、または完全なブローグは、家族の中で最も装飾された、最も正式でないメンバーでした:

ドレスシューズガイドブローグワイド1

  • 四半期ブローグ つま先のキャップの縫い目は装飾的なミシン目で覆われていますが、他の縫い目はありません。
  • セミブローグ つま先のキャップの縫い目に沿って、そしてつま先の革の上部にも曲がっていますが、つま先よりも靴の上のどこにもありません。
  • 完全なブローグ 翼端でつま先を伸ばし、つま先の上部と縫い目に沿って、そしてしばしば「翼」の胴体にもブローグを持っています。
  • Longwingブローグ は、翼が靴の後ろで出会う場所で翼端を分離し、靴の完全な回路を形成するために使用されることがある用語です。これらは、wingtipスタイルのサブセットです。

これらのいずれかまたはすべてが、縫い目に沿って装飾的な縁取りや鋸歯、特につま先のキャップの縫い目を特徴とする場合があります(必須ではありません)。

ウィングチップドレスシューズはどのくらいフォーマルまたはカジュアルですか?

ウィングチップは歴史的にカジュアルなスタイルで、特にアッパーとトウキャップが対照的な色のツートンカラーの「スペクテイターシューズ」です。

これらは歴史的にレジャーシューズであり、視覚的に「忙しい」スタイルは、今日のファッション言語では、より洗練された、穴の開いていないオックスフォードや他のドレスシューズよりもカジュアルであることを意味します。

とはいえ、どちらもスニーカーではありません。 Wingtipsは、カジュアルドレスシューズ(または、ご希望の場合はドレスカジュアルシューズ)の真ん中にあります。

真面目でフォーマルなビジネス環境や、葬儀のような厳しすぎる出来事でそれらを着用するべきではありませんが、それ以外は、スーツ、スラックス、スポーツコート、またはジーンズとカジュアルな襟付きで着用するための公正なゲームですシャツ。

多くは靴の色とデザインに依存します。足の途中で止まる細い翼と小さなミシン目の一列の黒い翼端は比較的ドレッシーです。白いアッパーとオックスブラッドウィングを備えたツートーンの靴は、足全体をぐるっと一周します。

一般に、靴の穴が多いほど、また翼が大きいほど、形式的ではなくなります。しかし、色も役割を果たします。黒は常に茶色よりも少しドレッシーであり、赤や白などの他の色は常に形式の下限にあります。

RMRS Shoe電子ブック

ウィングチップのペアを購入する必要がありますか?

あなたが探しているなら 本当に良いドレスシューズの最初のペア、ここでの答えはノーです-ウィングチップの靴のスタイルは、あなたが始めたい場所ではありません。

それは印象的な外観であり、適切な服装で素晴らしいものになる可能性がありますが、シンプルなオックスフォードのペアほど用途が広いわけではありません。あなたは革のドレスシューズを要求するあらゆる機会のためにあなたの頼りになる靴として翼端を使うべきではありません。

ただし、ドレッシーな機会のためにもっと安定したペアを持っている場合は、ウィングチップのペアがドレスカジュアルのオプションを拡大するための良いステップになる可能性があります。彼らは、社交/レジャーの服装に、リラックスした楽しい雰囲気を加えます。

「時間外ですが、私は自分の見た目が気になります」と言う靴と考えてください。 (もちろん、特にハイテク業界のようにリラックスしているが元気な分野では、時計にも着用される可能性がありますが、ほとんどの人の目的では、翼端は最初に社交服、次に遠いビジネス服である必要があります。)

結論の翼端

モダンな解釈により、ビジネスの形式にそそられる縮小バージョンから、真にエキゾチックなネオンカラーのツートンショーピースに至るまで、翼端の道を進む場合に選択できる多くのオプションが与えられました。

あなたのワードローブとあなたの個性に合う1つまたは2つ、またはいくつかを見つけて、に行きます。

もっと欲しい?

ジーンズでドレスシューズを履く方法を学びます。方法については、ここをクリックしてください。

RMRS Shoe電子ブック