加盟店、企業は1月1日以降のカードデータを保存できません:RBI

RBIはまた、カード発行者によるカードオンファイルのトークン化(つまり、実際のカードを「トークン」と呼ばれる代替コードに置き換える)を拡張しました。

RBIによると、UPIとPayNowの連携により、2つの高速決済システムのそれぞれのユーザーは、他の決済システムに参加することなく、相互に即時の低コストの送金を行うことができます。

インド準備銀行(RBI)は、2022年1月1日以降、カード発行者とカードネットワーク以外のエンティティまたは加盟店がカードの詳細(またはカードオンファイル(CoF))を保存しないように指示しました。同時に、カード発行者によるCoFの拡張トークン化。



2022年1月1日より、カード発行者とカードネットワーク以外のカード取引または支払いチェーンのエンティティは、実際のカードデータを保存することはできません。以前に保存されたそのようなデータはすべてパージされると、RBIは回覧で述べた。以前は2020年3月にデータの保存を禁止していましたが、期限を2021年12月31日に延長しました。

トークン化とは、実際のカードの詳細をトークンと呼ばれる代替コードに置き換えることです。このコードは、カード、トークンリクエスター、およびデバイスの組み合わせに固有のものです。カード番号やCVVなどのカードの詳細を共有することで発生する不正行為を減らします。トークンは、POS端末での非接触モードでのカード取引、迅速な対応、およびコード決済を実行するために使用されます。



CoFトランザクションは、カード所有者が加盟店にカード所有者のMastercardまたはVisaの支払いの詳細を保存することを許可したトランザクションです。次に、カード所有者は、同じ販売者がカード所有者の保存されているMastercardまたはVisaアカウントに請求することを承認します。



中央銀行によると、電子商取引会社、航空会社、スーパーマーケットチェーンは通常、カードの詳細をシステムに保存しているという。

準備銀行は、カード発行者がトークンサービスプロバイダー(TSP)としてカードトークン化サービスを提供することを許可しています。トークン化の機能は、TSPによって発行された、またはTSPに関連付けられたカードに対してのみ提供されます。