ミントラ:ホリデーシーズンのセール中の注文が100%増加

Myntraは、プラットフォーム上の買い物客の51%が女性であると述べました。

ミントラ同社によれば、同社のポータルには4500万人の顧客が訪れ、そのうち400万人が10月22日に終了した「ビッグファッションフェスティバル」セールで1300万アイテムを購入した。(DebashishPachalによるエクスプレス写真)

金曜日のファッションe-tailorMyntraは、1週間のホリデーシーズンのセール中に受け取った注文が100%増加したと主張しました。



同社によれば、10月22日に終了した「ビッグファッションフェスティバル」のセールでは、4500万人の顧客が同社のポータルにアクセスし、そのうち400万人が1300万個の商品を購入したという。

Myntraは、プラットフォーム上の買い物客の51%が女性であると述べました。

イベント中にTier2およびTier3の都市が力強く浮上したことで、Tier 3の都市では、前の版と比較して、新規の買い物客が180%増加しました。ミントラのCEO、アマール・ナガラム氏は声明のなかで、1,000を超える店舗と100のブランドを擁するオムニチャネルネットワークを使用して、約11,000のピンコードで顧客への配送を実現できたと述べています。



同社は、イベント中に100万人の新規顧客を獲得したと主張し、前回の販売に比べて105%の新規顧客の増加を記録しました。

新規のお客様の中には、Tシャツ、シャツ、ジーンズ、スウェットシャツ、カジュアルシューズ、クルタが男性に人気があり、クルタ、クルタセット、トップス、ドレス、ジーンズが女性に人気がありました。声明によると、新規顧客のトップブランドは、ロードスター、HRX、ハイランダー、マスト&ハーバー、リバス、サッサフラス、ドレスベリー、ヴィシュッドなどでした。

同社によれば、注文は1分あたり9,000件に達したとのことです。



ミントラ氏によると、追加されたティア2およびティア3の都市の顧客は、ビッグファッションフェスティバル期間中の総売上高の50%を占めていました。

新しい顧客の成長に貢献している新興の非メトロ都市には、7日間のイベント中に、ラクナウ、パトナ、ランチ、ビシャカパトナム、ジャイプール、スラト、ナグプール、ボパールが含まれていました。声明によると、Tier 3の都市では、インパール、ウダイプール、シロン、カリムナガル、ムザファルプルなどが主導して、新規顧客が180%増加しました。

同社は11月30日から2回目のホリデーシーズンセールを開催する予定です。