Satyam Computer詐欺:SebiはRamalinga Raju、その他を14年間禁止しました。 Rs 1,849crを求めています

Sebiは本日、SatyamComputerの創設者であるBRamalingaRajuと他の4人を禁止しました...

satyam-8Satyam Computer詐欺が明るみに出た後、政府は会社の売却のためにオークションを注文しました。 (ロイター)

セビは本日、国内最大の企業詐欺に対する5年半にわたる調査を終了し、サティヤムコンピューターの創設者であるBラマリンガラジュと他の4人を14年間市場から締め出し、1,849ルピー相当の違法な利益を利子付きで返還するよう要請しました。 。

お金は45日以内にセビに預ける必要がありますが、利息は2009年1月7日から年率12%で徴収されます—このメガ詐欺がラジュ自身によって書かれた手紙を通して明るみに出た日です。

他の人 Satyam Computer Services Ltd 禁止命令に直面している詐欺には、ラジュの兄弟Bラマラジュ(当時サティヤムのマネージングディレクター)、ヴァドラマニスリニバス(元CFO)、Gラマクリシュナ(元副社長)、VSプラバカラグプタ(元内部監査責任者)が含まれます。



Sebiは、65ページの注文で、すぐに発効し、これら5人が、個人的な利益のために、また会社とその証券への投資家に損害を与えるために、事前に計画され、よく考えられた計画と意図的な設計で、洗練されたホワイトカラーの金融詐欺を犯したと述べました。 。

解体命令を通過させるための条例の公布を通じて与えられた権限を行使した規制当局はさらに、この場合に見られる金融詐欺は証券投資家の利益に反するものであり、市場の完全性を危険にさらすと述べた。

セビの常勤メンバーであるラジーブ・クマール・アガルワルは、彼の命令で次のように述べています。これは、効果的な抑止力を生み出すために厳しいメッセージを市場に送るために適切な執行措置が必要な場合であると私は確信しています。

2009年1月7日、当時のSatyam Computerの会長であるRajuは、Sebiに電子メールを送信しました。そこで彼は、負債やその他の財務上の虚偽表示に加えて、会社の現金と銀行の残高を膨らませたことを認め、告白しました。

詐欺が明るみに出た後、政府は、当時国内で4番目に大きいIT企業として知られていた投資家と従業員の利益のために会社の売却のためのオークションを命じました。

会社はによって買収されました Tech Mahindra Ltd 、その後Mahindra Satyamに名前が変更され、最終的にTechMahindraと統合されました。