ソニーは、55インチの4Kブラビアテレビを3.04ルピーで発売

エレクトロニクスメジャーは、15,000ルピーからの価格で小画面のブラビアブランドのテレビを発売する予定です。

ソニーは、ソニーブラビアXシリーズで4Kテレビの2つのモデルを発表しました。 55インチKD-55X9004の価格は3,04,900ルピーですが、日本のメーカーの65インチKD-65X9004モデルの価格は4,04,900ルピーです。



これらの4KUltra HD LEDTVの解像度は3840x 2160ピクセルで、フルHDTVの4倍です。非常に高い解像度で幅広い色と透き通った画像を生成し、究極の視聴体験を提供します。ユーザーはDVDおよびBlu-rayプレーヤーとセットトップボックスを接続でき、これらのテレビはコンテンツを4K解像度に変換します。 DTHコンテンツをアップスケーリングするための手動構成は必要ありません。

新しいブラビアXシリーズの没入型体験に貢献するもう1つの注目すべき要素は、磁性流体スピーカーテクノロジーです。このテクノロジーは、テレビのスリム化に役立ちます。ディスプレイの両側に配置された磁性流体スピーカーはクリアな音を出し、大音量でも歪みやブレ音はほとんどありませんでした。



さらに、両方のモデル(KD-55X9004とKD-65X9004)は、WiFi対応およびNFC対応です。ソニーブラビアXシリーズ4KウルトラHDLED TVは、すべてのソニーセンターと小売店でも販売されます。



エレクトロニクスメジャーは、全国の小さな都市や町で需要を開拓するために、15,000ルピーからの価格で小画面のブラビアブランドのテレビを発売することも計画していると発表しました。

同社は、Tier2およびTier3の都市が販売量を増やすことを期待している一方で、大都市市場でのハイエンド製品の販売は収益マージンを押し上げるでしょう。また、今年度は収益を20%増加させることを目標としています。

小都市には大きな成長の可能性が隠されています…大都市圏では、価値戦略に注力しています。私たちはメトロでハイエンド製品を販売しようとしています。ソニー・インディアのマネージングディレクター、日比健一郎氏は、適切な顧客に適切な製品でアプローチしたいと考えています。



彼は、同社が今年末までに手頃な価格でコンパクトなテレビの新しい範囲を発売すると付け加えた。

ブラビアは現在、ソニーインディアの売上に35%貢献しています。

マレーシアから製品の100%を輸入しているソニーインディアは、前会計年度に販売された11万ルピーに対して18%増の13万ルピーのテレビを今年度に販売することを目指しています。 (PTI入力あり)