Tata Motorsが商用車価格を10月1日から約2%引き上げる

自動車メジャーは声明のなかで、2%の範囲での効果的な値上げは、モデルと車両のバリエーションに基づいて実施されると述べた。

タタモーターズ、タタモーターズ株、タタモーターズ株価、タタモーターズ販売タタモーターズのロゴは、2018年2月5日、インドのムンバイにある会社のショールームの外に描かれています。(REUTERS)

Tata Motorsは火曜日に、投入コストの上昇の影響を相殺するために、10月1日から商用車の価格を約2%引き上げると発表した。



自動車メジャーは声明のなかで、2%の範囲での効果的な値上げは、モデルと車両のバリエーションに基づいて実施されると述べた。

鉄鋼や貴金属などの商品のコストが継続的に上昇しているため、同社は製品の価格の上昇を通じてその一部を転嫁する必要があると述べた。



Tata Motorsは、トラック、バス、小型商用車を含む国内最大の商用車メーカーです。

今のトップニュース 詳細はこちら



同社は、さまざまな製造レベルでコストの特定の部分を吸収することにより、価格の上昇を最小限に抑えるよう努めていると述べました。

過去1年間で、鉄鋼や貴金属などのさまざまな必需品の価格が徐々に上昇しました。それは自動車メーカーの投入コストの増加につながりました。

今月初め、国内最大の自動車メーカーであるマルチスズキインディア(MSI)は、セレリオを除く全製品の価格を最大1.9%引き上げました。



同社は、さまざまな投入コストの増加により、値上げを決定したと述べた。

今年はMSIの3回目の値上げでした。

二輪車の分野では、ヒーローモトコープは今年すでに3倍の価格を引き上げました。



同社は、9月20日より、オートバイとスクーターのショールーム前の価格を3,000ルピー上方修正しました。



二輪車メジャーは、投入コストの上昇を理由に、オートバイとスクーターの価格を1月に最大1,500ルピー、今年4月に再び2,500ルピー上昇させていました。