インドへの米国のFDIは400億ドルを超える:ビジネス擁護団体

世界経済に打撃を与えたCOVID-19パンデミックの間、アメリカの企業はインドとそのリーダーシップに大きな自信を示した、とムケシュ・アギは言いました。

インドの米国FDI、インドのFDI、コロナウイルスニュース、COVID-19、インドの米国FDI、Indian Express米国からインドへの外国直接投資(FDI)は、今年これまでに10億ドルを超えました。 (ブルームバーグイラスト:Dhiraj Singh)

インド中心のビジネス擁護団体の責任者は、米国からインドへの外国直接投資(FDI)は、米国企業の信頼の高まりを反映して、今年これまでに400億ドルを超えました。



世界経済に打撃を与えたCOVID-19のパンデミックの間、アメリカの企業はインドとそのリーダーシップに大きな自信を示したと、インドの主要な米国のFDIの追跡。

アギ氏によると、最近の投資を含め、米国からのこれまでの投資額は400億ドルを超えているという。



グーグル、フェイスブック、ウォルマートなどのトップ企業の発表に言及し、ここ数週間だけでも、インドへのFDIの発表は200億ドルを超えていると彼は語った。



インドに対する投資家の信頼は高い。インドは依然として世界の投資家にとって非常に有望な市場です。 200億ドルを見ると、米国だけでなく(投資)も中東や極東などの他の地域からのものです。

したがって、インドは依然として投資家コミュニティにとって非常に強気な市場であるとアギ氏は質問に答えて述べた。

コロナウイルスの説明詳細はこちら

USISPFはニューデリーと協力してFDIをインドに持ち込み、拠点を中国から移転することを計画している米国企業を奨励する上で重要な役割を果たしていると彼は述べ、移転はトランプの最後の3年間に起こっていたと付け加えた。投与、しかしコロナウイルスのパンデミックの間に勢いを得た。



首相(ナレンドラ・モディ)の意向は非常に高いと感じています。課題は実行側にあります。製造を奨励するための努力がなされています。私はそれをこれほど良く見たことがありません。政策の枠組みは正しい方向に進んでいると彼は言った。

ホワイトハウス経済顧問のラリー・クドロー氏は今週初め、インドへの大規模な投資を発表したグーグルやフェイスブックのような米国のハイテク巨人は、人々が中国への信頼を失い、インドが大きな競争相手として浮上していることを示していると記者団に語った。

同時に、彼はインドが保護貿易主義国であり続けると言いました。



問題は、保護貿易主義をどのように定義するかです…ここの政権はアメリカを最初に言っており、インドは地元の声を言っているとアギは付け加えました。